コンドームを使ってしっかり避妊していきましょう

悩んでいる
窓の外を眺める女性

日本は使用率が低い

リスクが大きいコンドームなしのセックス。どうして多くの男性は妊娠する可能性があるにも関わらずつけずにやってしまうのか?その理由といえる内容と、相手に与えるリスクの話をさらにしていきます。

落ち込む女性

付け方を学んでおこう

あなたはコンドームの使用方法をしっかり理解しているといえますか?もし自信がないという人は、ここでコンドームの扱い方をちゃんと勉強しておくことをおすすめします。これでもう安心して付けられるはずです。

妊娠させないために

ショートカットの女性

セックスをする際に、ちゃんと普段から避妊できていますか?
ちゃんと避妊しないと、女性によっては簡単に妊娠してしまいます。
しかし男性の場合は実際に妊娠などの身体的リスクが伴わないため、つい軽い気持ちでセックスをしてしまいがちだと思います。
そんなことでは、これから間違いなく望まない妊娠を女性にさせてしまうことになるでしょう。
もちろんあなたにも重大な責任というものが押し寄せてくるので、なんとしてでも避けていかなければいけません。

ではその際にどうするのがいいのか?
もちろん一番いいのは「コンドーム」を使うことになります。
コンドームをつけてセックスするのを嫌がる男性も多いですが、これは望まない妊娠を避けるためにも必ず必要なものになってきます。
残念ながらコンドームをつけていたとしてもあらゆる原因によって妊娠させてしまうことはありますが、大幅にそのリスクを下げることができるので意識してつけるように心がけてください。
ちなみにさらに避妊率をアップさせたい場合は低用量ピルと呼ばれるものを使うのもひとつの手です。

またよく勘違いしている人がいますが、精液を中で出さなかったとしても妊娠させてしまう可能性は十分にあります。
なぜかというと、我慢汁と呼ばれるものに精子が含まれることがよくあるからです。
さらに我慢汁というものは自分で出している感覚がわからないので、気づかないうちに膣内に我慢汁が入りそこから妊娠するということが起こるのです。
そのため射精さえしなければコンドームはつけてなくてもいい、とはならないのでこれからは気をつけることをおすすめします。
海外と比べ日本は中絶率が非常に高く、その理由としては性に対する意識の低さが原因と言われています。
興味本位でのセックスなどで取り返しのつかなくなることもあり、コンドームの着用は必須とも言えます。


参考サイト:コンドームの避妊確率は85%!妊娠の可能性を下げる方法

ふさぎ込む女性

使用上の注意を知る

いくつかの注意点がありますので、コンドーム利用者はすべて頭に入れておいてほしいと思います。意外と普段使っている人でも知らないことがこの中にあるかもしれませんので、確認しておくことをおすすめします。

白いニットの女性

トピックリスト

「コンドームを使ってしっかり避妊していきましょう 」のトピックリストです。