日本は使用率が低い|コンドームを使ってしっかり避妊していきましょう

コンドームを使ってしっかり避妊していきましょう

日本は使用率が低い

窓の外を眺める女性

実は日本はコンドームの輸出量が10億を超えていて、まさにコンドーム大国といっても過言ではありません。
しかしそんな現状がある一方で、日本のコンドーム使用率は42%しかないといわれています。
これは世界レベルで見てみるとなんとワースト3に入ってしまいます。
ちなみにエイズの人口が多い南アフリカと日本は同じ数値を記録している状況です。

ではどうして日本のコンドーム使用率が低いのか?
これにはいろんな理由があると思いますが、やっぱり使わない方が快感を得やすく気持ちいいという理由だったり、根本的に面倒だという人もいるみたいです。
またそう簡単に妊娠は意外としないと思い込んでいる人もいたりします。
しかしその認識は非常に危険です。
上記の理由に自分も当てはまるという人は、今すぐにセックスに対する意識を変えていかなければいけません。

何度でもいいますが、コンドームを使わないセックスには大きなリスクがあることを覚えておいてください。
コンドームをつけていても妊娠させる可能性がわずかにあるにも関わらず、コンドームなしでセックスをしてしまえば避妊に失敗するリスクは急上昇してしまいます。
妊娠をしてしまえば選択肢として出産か中絶といった方法が生まれます。
どちらの道を選んでも女性の身体的な負担や精神的な負担は間違いなく大きくなるので、男として一番やってはいけないことです。

少なくとも女性の人生を大きく変えてしまう結果につながりますし、出産の場合はあなたがパパになるわけですから、あなたの人生も大きく変化してしまいます。

ちなみにコンドームを正しく使用することで90%の確率で避妊に成功するといわれていますので、つけるのとつけないのとでは全然変わります。